ベーコンさんの世界ブログ

デザイナー&お菓子作ったり企画したりしています。北海道でふざけたブログ書いてます。

デザインの追加料金が請求しづらいです、どうやって切り出したらいい?質問箱に答えた!【Vol02】

スポンサーリンク

f:id:rororororo:20180811212451p:plain
デザイナーのベコーーーンです、こんにちは。
今日もデザインやフリーランスで生き抜くための質問などを答えていきます。

今日の質問は、デザイナーさんからの質問です。

フリーデザイナー追加料金が請求しづらい問題

f:id:rororororo:20180811005305j:plain

はじめまして、フリーの駆け出しデザイナーです。

今はお友だちメインでチラシやバナーなどを作ってるんですが、元の提示プランをオーバーしても、提示プランでしか料金をいただきにくいです。

打ち合わせの仕方も含め、どのように仕事を進めていらっしゃいますか?ぜひ教えてください。

先程間違えて「は」だけ送りました。ごめんなさい。

▼質問「は」に対しての回答をマジメにしてしまったブログ
www.baconjapan.com


回答 「作業量と追加料金」友達だからこそ複雑な思いがあるよね

ベーコンです!
質問ありがとうございます!

フリー歴10年以上、ここ数年は直接、農家さんや事業者さんから仕事を受けていることが多いベーコンでございます。
まずは、お疲れ様です。

クリエイターのお金の問題を教えてくれるところって少ないですよね。
ぼくが答えられる範囲で答えます!

提示プランでしか料金をもらいづらい問題

正直ですね、お金の問題はぼく得意じゃないです。
言いづらい言いづらい、わかります。
特に友達ですものね。

最近、友達とは仕事をしない方が良いのでは?とすら思います。

いやいや、せっかくの仕事だし、友達の役に立ちたいし…
わかります

そうなんだけど、友達の仕事って一番難しいです

だって、友達相手にお金の話をするってポイズン(言いたいことを言えない)じゃないですか
でも、本当は仕事をしたんだから遠慮することなく、正しく請求するべきですけどね!
ただし、しっかり理解してもらわないとトラブルになってしまいますね。

一般のお客さんは赤子です

一般のお客さんを相手にする場合、プラン金額、追加料金などお金ことを最初にわかりやすく提示するのがものすごく大事です。
同じ業界の人ならまだしも、デザイン業界じゃない方は赤ちゃんだと思うくらいの気持ちで説明しないとトラブルになるんだなと思います。(友達ならなおさら曖昧になりがちですよね)

プラン料金、追加料金を説明するということは、どのくらいの追加作業をしたときに追加料金をいただくのかも考えないといけません。
これがとてもめんどうで、大変です、デザイナーという人種が得意な仕事じゃないと思います。
基準やルールを作るための脳みそってデザイン作る脳みそとは違うところにあります。
だから料金表を明確にするデザイナーって少ないんですよ。

料金を明確にする技

料金プランを考えるはできたとしても、追加料金って曖昧で決めづらい。
そんなとき、一番効果的でシンプルな技があります。

追加料金の額を迷わないで決める技

・追加料金が発生するのを見越した料金設定にする
・仕事量が平均より少なくても値下げしない
・仕事量が(多少)多くても追加料金を請求しない

仕事量の多い時仕事量が少ない時もギャラは同額、平均すると設定した金額になるようにする。
つまりちょっと金額を高めに設定しておく。
安くしたいのを我慢する

これでどうでしょうか?


ポイントは、追加料金が発生しなかった時(感覚的には多くお金をもらったとき)に慣れないこと!

なれちゃうと、仕事量が多い時に不満に思えてきます

まとめ

f:id:rororororo:20180807175838p:plain

料金設定を高めにして、つじつまを合わせよう!

でもね、友達との仕事は難しいですよね。
料金を安くしてあげたい、だって一般的にデザイン料金って高いですからね…
やっぱ数万円のものって、スパッと買えないですよね。

ぼくも気軽に頼める地域のデザイナーお兄さんになりたかったけど、生活するためには多少企業てきなところとのお付き合いの方がトラブル少なく安定的な仕事ができちゃうんですよねえ。

今、質問読み返して思ったけどバナーを作っていらっしゃるなら、その友達のお客さんって同業の方かもしれませんね。
それならば、腹を割って話をするといいですよね。

明確な理由を持って、お話をしましょう。(これくらい時間が追加でかかったとかね)
作業量にもよるけどぼくなら、「次回からこの金額でよろしく」って言うまたは、「おみやげを持っていって真剣に話をする」という感じになるかなあ

最初に決めたことからずれてしまったことを修正するって大変なことで、なんらかの犠牲を払いながらまろやかに戦っていくべきだと思います。
きっとわかってもらえると思います。


Twitterでは、料金に対して激しく戦える人が多いですが、現場では踏み倒し、値下げ、予定外のトラブルがうやむやになることってたくさんあると思います。

▼ぼくもこんな体験があります…
www.baconjapan.com

それが良いことではないので、穏やかに少しずつ良い方向になっていけばいいなとぼくは思っています。
料金もらうのうまくいったら、ブログにでも書いてくださいよ!

▼デザインやフリーランスで生き抜くための質問を答えています。
www.baconjapan.com

質問に答えると「はっ」と気づくことがあるので楽しいです


▼その他、質問と回答の一覧はこちら
www.baconjapan.com