RAVPowerの90Wアダプターは純正より軽くて最高 MacBook Proノマドに使っています。

ベーコンです。北海道の田舎でデザイナーをしています。
僕はもうずーっと前からカフェで作業するのが好きなのですが、そこで問題になってくるのがアダプター忘れる問題です。

2015年くらいまでは高かったMacBookの純正アダプタ。1万円くらいしました。

でも今は、本当に安くなったし、ついでにサードパーティーだと純正より軽いんです。
僕が持ち歩いているRAVPowerの90Wアダプターについて紹介します。

僕の使っているMacBook Proは16インチモデルですが、バランス最高の13インチモデルにもおすすめのアダプターも紹介します。

目次

MacBook Pro/Air用 電源アダプター



RAVPowerの90WのMacBook Pro用のアダプターです。
MacBook Proは15インチのだと87W、16インチだと96Wのアダプターが必要です。

Macにはアダプターってついてくるんですけど、なぜ2つ必要なのか…それは

家用と持ち歩き用を別にするとめちゃくちゃ便利なんですよ。
僕はすぐ忘れ物をしちゃうので

・家用は家に置いておく
・持ち歩き用はリュックに入れとく


このルールを守るだけで忘れ物がほぼなくなりました。(小学生みたいな話ですみません)

スマホも充電できます

差込口が2つありスマホも同時に充電できます。
今までスマホのアダプタは持ち歩いていませんでしたが、パソコンから充電すると「遅いなー」と思っていました
このアダプターで高速充電できるのでめちゃくちゃ便利です。

そして、RAVPowerの90Wアダプターは純正より軽いです。

↓これ16インチMacBook Proの純正アダプター302g

↓Ravpowerは194g

たった100gだけど、手で比較して比べると重さの違いを感じます。
荷物って積み重ねですから(当たり前だけど)どっちでもいいなら僕は軽い方を持っていきますね。

ちなみにこの90wのアダプターを手に入れる前までは、外では61wのアダプターを使ってました
これだとさらに100gくらい軽くなります。

充電は遅いけど、電力消費する画像編集ソフト、動画編集ソフトを使っていても少しずつ充電されていく(減ってはいかない)感じです。
そう考えるとこっちでもいい気がしてきました


下記の記事でで紹介しています。

あわせて読みたい
最新の技術で MacBook Pro用のアダプタが小さくなって便利すぎる!RAVPower 61W USB-C急速充電器レビュー!
最新の技術で MacBook Pro用のアダプタが小さくなって便利すぎる!RAVPower 61W USB-C急速充電器レビュー!デザイナーのベーコンです。僕はMacBook Pro15インチ(2018年のUSB-Cモデル)を使っているのですが、めちゃくちゃアダプターが大きいんです。とにかく重い。今回、世界...

アダプターで充電時間は変わる?

純正は96W、Ravpowerは90Wですが、仕様には問題ありませんし、充電時間の差はそんなに変わりません。
厳密に言うと違うんでしょうけど…僕はちょっとくらいの速度を重視してません。

90Wモデルだけケーブルが付いてきます

90Wのアダプターがお値段的には一番高いのですが、1.5mのUSB-Cケーブルが付いてきます。
ケーブルは純正だと2000円くらいするのでお得です。

まとめ

最初にも言いましたけど、Macのアダプタってめちゃくちゃ高かったんです。
ケーブルが切れたらアダプタごと買い替えで1万円…って感じでした。

でも今はこうやって安くて、ケーブル別で、軽くてスマホまで充電できる商品があるんですよね。
いい時代です。僕もお気に入りです。

MacBook Pro13インチの方はこちらのアダプターがおすすめです

こちらは、僕が使っていた61Wのアダプターの上位互換です。
Mac用のUSB-C端子にプラスして、USB-Aのスマホ用差込口があるんです。
めちゃくちゃバランスがいいアダプターです。

この記事を書いた人

フリーデザイナー・ブロガーです。 /発想力系デザイナーなのでグラノーラ屋も始めました(4年目)/フリーランスで生き抜く方法を発信中。フリーランサー、ブロガー、「デザインを始めたい人」に向けてブログを書いています。/10万PV/2019年2月SBクリエイティブよりデザイン解説本出すよ

▼自己紹介記事はこちら
ベーコンってどんな人?

▼最初に読んでほしい厳選記事!
初めてベーコンブログと言えばこの記事【ジャンル別の人気記事】

>>広告・レビュー依頼はこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる