>>Amazonブラックフライデーセール!700円分のポイント付与してるよ、詳しくはこちら

M1マックにぴったりな、安くて軽い2ポートUSBアダプターのレビュー【Ravpower RP-PC144】

デザイナーのベーコンです。

僕は今仕事で使っているコンピューターがM1 MacBook Air13インチのみなのですが、僕のMacにぴったりなアダプターを手に入れたので紹介します。

ハイパワーな新しいMac「M1 MacBook Pro/Air」を使っている人は嬉しいアダプターだと思う。
以下、気に入っている理由

・純正より軽い
・純正よりポートが多い(スマホも同時充電)
・デザインが他社よりもいい
・安い

最近、最軽量!と発表されるアダプターが増えていますが、Ravpowerはデザインもいいのが気に入っています。
もう少し詳しく書いていきます。

※この商品はメーカーさんから提供を受けていますが、言いたいことは言わせてもらいます。

目次(タップで飛べます)

Ravpower RP-PC144のスペック

サイズ:約48*48*28mm
重さ:約82g

のアダプターです。

30Wで軽いアダプター

純正以外の方が使い勝手いいので、純正開けてないのよ(写真左)

出力は30W、パソコンのアダプターとしては弱い…と思ってたんだけど、2020年に発売されたインテル入ってない、Apple独自のCPUのM1マックは低電力なので、付属のアダプターも30W。

僕は16インチのMacBook Proを使っていたのだが、その時のアダプターは96W、ここから30Wになったので軽くて小さいアダプターにすることができた最高。

ここで重さ、比較、どちらも30W、まずは純正です

100g
こちらがRavpower RP-PC144 83gちょっと軽い

純正アダプター100g
Ravpower RP-PC144 83g

差は17g。

このくらいの差ならどうでもいいですよね。
前、100W近いアダプターのときは純正と他社製では100gくらい差があったのでかなり違ったんだけどね。

って、思うけれど、Ravpower RP-PC144 の方が良いところもうひとつあるんです。

ポートは2つ(USB-AとC)

そう、ポートが二つなんです。
しかも、USB-Cが2つじゃないのが地味に便利。

もうすべてをUSB-Cにしたいんですけど、どうしてもそう行かないことが多くて。
iPhone12ならUSB-C-Lightningのケーブルが付属しているけど、過去に集めたiPhoneのケーブルって

USB-A – Lightning がほとんどじゃないですか。
それが使えるのが便利なんですよ。

大体、MacにUSB-C、iPhoneをUSB-Aで充電することが多いですね。

ちなみに、USB-Cポートだと20W出力でiPhone 12を高速充電できるのもポイント高い。
ただし、パソコン使いながらスマホを充電するとかなり充電が遅くなるので注意。でもどっちでもいいわ。そんな急速充電困ってないし。

※僕は最近、低電力MAC(M1 MacBook Air)とモバイルバッテリーを持ち歩いているので強気です。

↓かわいいバッテリー、これも2ポート

デザインが他社よりもいい

これは好みだけど、結構デザインが良いと思っています。
縦長系のアダプターは便利で使っているけど、Macは正方形がいいだよなあと思っています。

もちろん純正最高派のアップル信者ではあるけれど、ブラックアダプターかわいいし、気に入ってる

保証は18ヶ月

毎度のことだけど保証長い。理由は壊れないからだろうけど。
壊れないのがいちばん!

※製品登録後、更に12ヶ月の保証が追加される。

まとめ 

僕のように外で仕事をすることが多い人にはぴったりなアダプターです。
M1MACの電池が長持ちというけど、公式が言うほど持たないからね。
一応持っていると便利です。

スマホを高速充電したい人にも安いのでありがたいアダプターだと思います。

以下公式より

・充電目安時間
・対応機種(スマホ・タブレット)

を記載しておきます。

【充電目安時間】(0%→100%)

※USB-C単ポート利用時
iPhone12 Pro Max:約1時間46分((9V/2.54A))
iPhone12 pro:約1時間45分(9V/2.2A)
iPhone12:約1時間50分(9V/2.2A)
iPhone12 Mini:約1時間35分(9V/1.6A)
Galaxy S20: 約63分間(8.2V/3.1A)
Galaxy Note 10: 約70分間(9V/2.1A)
※使用環境によって、充電時間が異なることがございます。

【対応機種】


スマートフォン
– iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
– Galaxy S20 / S21 / Galaxy S10 / S10+ / S10e / S9 / S9+ / S8 / S8+ / Note 10 / 9 / 8 他
– Pixel 5 / 4 / 4a (5G) / 4 XL / 3 / 3 XL 他

タブレット端末
– iPad (第8世代) / iPad Air (第4世代) / iPad Pro (第4世代) / iPad mini (第5世代) 他
その他対応機種
– AirPods / Apple Watch 他

【賢い電力配分機能を搭載】
出力自動配分機能:接続されたデバイスに応じ、自動的に出力を判別し、パワフルかつ安全に充電可能
電流自動判別機能:接続機器を自動検知し、最大3.25Aで適切な電流を出力
電圧自動補償機能:ケーブル抵抗を検知し、出力電圧を自動的に調整
(※ご注意:2ポートを同時に充電する場合、それぞれの出力はUSB-Cポート20WとUSB-Aポート10Wになり、合計出力は30Wになります。)

どんどん軽くなるよね、アダプターって。
2014年くらいにアダプター壊れてネットでサードパーティー買ってすぐ壊れて、ヨドバシで1万円で純正買ったの覚えてるわー、ケーブルとアダプターが一体型で、どちらかが壊れたら全取替だった時代。悲しきマグセーフ

小さいアダプタと(パソコンようにしては)小さいバッテリー、この辺が安く買えるようになったのはいい時代だわ

よかったらシェアしてね!
目次(タップで飛べます)
閉じる