VAVA USB-Cハブは定番になりそうな安価で高級感のある全部入りUSB-Cハブだったよ

デザイナーのベーコンです。

USB-Bハブ使っていますか?
Macのユーザーの僕は毎日使っています

安価で多機能(8機能)のUSB-Cハブを紹介します。
僕は結構USBハブを使っていますので、これを抑えといた方がいいというポイントをお伝えできるかと思います。

最近使ってるやつ
目次(タップで飛べます)

僕が使いたくないUSB-Cハブとは?

僕が使いたくないUSB-Cハブとは?と聞かれたらこう答えます

そもそもUSB-Cハブなんて使いたくない。いちいち接続するのめんどい!


昔みたいにMacにSDカードリーダーがついていたら…
USB-A端子がついていたらどれだけ便利なことか…

と、言ってもUSB-Cにもいいところがあります

・Macbookを薄くするなった
・転送速度を上がった
・安いApple以外のアダプターがたくさん発売された

USB-Cは裏表がないからどちらでも挿せる、それだけじゃないんですよね

ということで、USB-Cハブなんて使いたくないけれど、しょうがない。
じゃあ、どんなものを使っていくべきかと言う所でこちらのハブ

VAVA usb ハブ 8-in-1 usb c ハブのいいところ

全部入りで安いハブです。
もっと安いハブはあるけど、速度遅いとか、もろいとか、届いてみたら質感イマイチとか結構あるんですよね。

というわけで、まずはスペック

搭載されているポート

・HDMIポート
・USB-Cポート
・USB-Aポート×2・
・PD充電ポート
・SDカードスロット
・TFカードスロット
・AUXポートに対応

※データ転送は5Gbpsの高速伝送に対応
※PD急速充電機能を搭載し余分にスロットを使うことを省略
※しかもPD Type-C充電ポートはPower Deliveryに対応しており、最大100Wの出力でパソコンを充電可能!

ポイントはマイクロSDカード

僕の用途だと、毎日のようにSDカードを使うのでSDカードリーダーは必須です。

SDカードリーダーはだいたいUSB-ハブにはついているんだけど、安いハブにありがちなのがマイクロSDカード端子が搭載されてないということ。
マイクロSD → SDカードのアダプターをつければいいんだけどたまにしか使わないとめんどくさいんですよね…

ただでさえ手間のUSB-Cハブなのに、さらに手間を増やしたくないので、最近メインで使っているハブは必ずマイクロSDカードリーダー付きにすることにしています
(数年、マイクロSDなしのやつを使っていた、今思えば不便だった)

あとね、SDカードなんですが、ハブによってかなり速度が違う気がしています。
2000円台で買った安いハブ、めっちゃ遅いんですよね。

ポイント②はHDMI

僕は一年に数回だけHDMIを使います。
イベントにでたり、家で画面に映したくなったり…

そういう時のためにHDMIはついていた方がいいかな…
でも最近は画面をwifiで飛ばしたりすることも多くなったし、そもそもイベントがないのでもういらないのかもしれない
(でもこのハブにはついているよ)

あとは普通のハブです

定番になれるハブ、普通に使える道具です。(普通以下のハブってAmazonにめちゃくちゃあるからさ…)

今みたいな基準を考えて、堅牢なものを探していくと結局、某有名A社のハブが一番いいなと思っていたんですけど、今回のVAVA結構いいですね。

ほら、ちょっと小さいし。

写真で伝わるかどうかわからないけどデザインも良いです
質感が良くきれいなカーブなのか好印象です。

まとめ

全部入りのハブで、3000円台。
しかも写真より届いてみるとしっかり感があって(某A社のハブも届いたとき同じ印象でした)かなり印象のいいハブでした

保証は18ヶ月です。

クーポン出ています

コード : UC020BACO
割引率 : 20% (3,999円→3,199円)
期間 : 2/25 – 2/27

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーデザイナー・ブロガーです。 /発想力系デザイナーなのでグラノーラ屋も始めました(4年目)/フリーランスで生き抜く方法を発信中。フリーランサー、ブロガー、「デザインを始めたい人」に向けてブログを書いています。/10万PV/2019年2月SBクリエイティブよりデザイン解説本出すよ

▼自己紹介記事はこちら
ベーコンってどんな人?

▼最初に読んでほしい厳選記事!
初めてベーコンブログと言えばこの記事【ジャンル別の人気記事】

>>広告・レビュー依頼はこちら

コメント

コメントする

目次(タップで飛べます)
閉じる