小型で気軽なサウンドバー TaoTronics Bluetoothサウンドバー“TT-SK028”をレビューしました

憧れのサウンドバーを手に入れたので、紹介します。

サウンドバーとは、細長いスピーカーです。
大人の家にあるイメージのサウンドバー、小さいのになかなか高音質です。

目次(タップで飛べます)

TaoTronics Bluetoothサウンドバー“TT-SK028”

みためはこんな感じ、細長いです。
大きさは、16インチのノートパソコンと比べるとわかりやすいかな?

 

詳しいスペック

スピーカーユニット:合計6W出力フルレンジスピーカー x 2、パッシブラジエーター x 2、ツイーター x 2

ドライバーユニット:45mm

接続方式:Bluetooth 5.0、3.5mm AUX IN x 1、3.5mm AUX OUT x 1

給電式:USB電源式

ケーブル長さ:USB電源ケーブル(約133cm、本体から取り外せません)、3.5mmオーディオケーブル(約104cm)

マイク:Bluetoothモードでのみ、内蔵のマイクが有効になります。

サイズ:420*60*73mm;760g

家で使うのにぴったりなスピーカーです。
小さいから勘違いしそうだけど、電源が必要なので持ち運びのスピーカーではありません。

モバイルバッテリーで使ってみた

普通はパソコンに接続して使うんだろうけど、近くにモバイルバッテリーが合ったので接続してみました。
使い方はわからないけど、適当に横のボタンを押して、パソコンのBluetooth設定を見てみると…

\TT-SK028の文字を発見!/

お、Bluetoothでパソコンにつながりました。
この銀色の丸い部分、音量のコロコロでもあり、押せるボタンでもあるんですね。

音量をコロコロできるの気持ちいよね、昔のオーディオ機器とかこういう感じですよね。
音量調整はボタンよりコロコロが好きです。

肝心の音質は…

こういうのって比べないとわからないのですが…
iPhone11やMacよりは相当上と言う感じです。

直前までSONYのハイレゾイヤホンで曲を作っていたのですが、スピーカーにすると見えるものがあって、スピーカーを試しながら曲を直し始めちゃいました

久々にスピーカー使って楽しいなと思いました
ベースもしっかり聞こえるところがいいよね、スピーカーって。

裏面にはAUX(遅延対策)

Bluetoothは便利ですが、遅延があります。
動画を見る分には気にならなかったけど、音楽作りながらキーボードを弾くと気になります。

DTMソフト起動の写真です

そんなときは、裏面の有線を使うと便利です。
しかも線付属してるの親切ですね

▼付属品一覧

追記:電話もできる

Bluetoothでスマホと接続しているときは、サウンドバー“TT-SK028”がマイクとスピーカーにもなります。

サウンドバー“TT-SK028” まとめ

スタイリッシュでPCやスマホを高音質にしたい方におすすめできるスピーカーでした。
テレビにつけて映画を高音質化ってのもいいですね。

Bluetoothで好きな場所に置けるので、ちょっと遠くにおいて部屋になじませる感じの曲を流すみたいなこともできるのが良いなと思います。

スピーカーって向ける方向変えるの面白いんですよね。
BGM流すなら、冷蔵庫の上に置いて下に向けたりして楽しんだりするのも会話をじゃましなくていい感じかと思っています。

クーポンあります

code:  TTSK028BC
割引額:300円off
期間:2020/07/14 0:01 JST- 2020/07/16 23:59 JST

商品ページのクーポンと併用可能です。

この記事を書いた人

フリーデザイナー・ブロガーです。 /発想力系デザイナーなのでグラノーラ屋も始めました(4年目)/フリーランスで生き抜く方法を発信中。フリーランサー、ブロガー、「デザインを始めたい人」に向けてブログを書いています。/10万PV/2019年2月SBクリエイティブよりデザイン解説本出すよ

▼自己紹介記事はこちら
ベーコンってどんな人?

▼最初に読んでほしい厳選記事!
初めてベーコンブログと言えばこの記事【ジャンル別の人気記事】

>>広告・レビュー依頼はこちら

コメント

コメントする

目次(タップで飛べます)
閉じる