Amazonが今年最大のセール開催!どれがお得?解説しました

Photoshopの人工知能がすごい!人、モノ、動物を切り抜き比較した![被写体を選択の強化]

デザイナーのベーコンです。
昨日書いたIllustrator2020(2020年6月アップデート)に続きPhotoshopの新機能についても書いていきます。

Photoshopも、新機能だけではなく使い勝手を向上させる「改善」アップデートが増えている印象です

詳しくはAdobeのPhotoshopアップデート機能のページへ
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/whats-new/2020-5.html#acr-improvements

目次(タップで飛べます)

被写体を選択の強化

今回取り上げるのは、「被写体を選択」機能の強化についてです。
人物やものを人工知能で切り抜く機能が進化したのですが、具体的にどのくらい深海しているのか

そしてPhotoshopよりすごいとされてた、無料切り抜きツールとの比較もしていきます。

人工知能vs人工知能!
ぜひ見逃さないでください。

「被写体を選択機能」の強化とは

最近のPhotoshopについている人工知能で切り抜きをしてくれる機能があります。(選択範囲を作ってくれる)

僕も普段からこの機能を使い、大まかに選択範囲を選択し、そこから自分で不足部分を切り抜いていました

Photoshop2020の被写体を選択の強化を使ってみた

まずは人物を試してみましょう。
アフロを切り抜くのが流行っているみたいなので、自分の昔の写真を使うことにします。

iPhone5くらいの画質だけど切り抜けるかな

恥ずかしかったのでケイン・コスギさんの目を借りました。
目byケインコスギ

切り抜いてみた

結構いい感じじゃないですか。
体はもちろん、毛の感じもいい、自分でこのもじゃもじゃを切り抜くのは相当大変です。

クイックマスクで見てみると…

赤い部分が切り抜きの範囲です。
毛先が半透明を使って繊細に切り抜いて(選択して)くれています、いい感じです。

そしてケインコスギが被写体として選ばれていないのも気になるところです。

続いて、モノ、動物の結果も

動物を切り抜いた

元画像

被写体を選択での一発切り抜き

まあまあ、悪くないんじゃないでしょうか。
左の茶色はクッションです。

モノを切り抜いた

ローソンのプリン

Before

After

あれ?モノも結構いける…
プリンいいじゃん
細かい部分は、微調整したらいけそう

Before

After

茶色のテーブルに茶色のケースな部分がボソボソしちゃっているけど、これも簡単に調整できそう

Before

After

これまでの結果を見るともっといけるかと思ったけど、でもまあまあいいよね

 

▼Before

うんうん、どこまで切り抜くか人工知能にはわからないよね。
「木の部分残す?切り抜く?」って聞いてくれればいいんだけどね、知能だけだからね。人工口があれば教えてくれるはず!期待しています!

無料切り抜きツールとの比較

ここからはremove.bgとの比較です。
無料で切り抜ける(無料だと画質の制限があり)remove.bgですが、比べてどうだろう…

 

犬の切り抜き

Photoshop

Remove.bg

remove.bgの方が毛が残っていますね。
これは動物だからなのかな。
ふさふさ部分に関してはremove.bgがまだ強いなと言う印象です。

その他、上で使った人、モノなどを切り抜いたけど…

remove.bgもPhotoshopも同じような感じ、互角な印象でした

 

これなら画質制限なし、微調整が簡単にできるPhotoshopの方がいいですね。
Photoshopを持っていないけど切り抜きしたい人にはPhotoshopなみの人工知能を持ったRemove.bg魅力的かもしれませんね。

 

人間切り抜き、ラストバトル!

動物切り抜きではPhotoshopよりRemove.bgが高性能な気がしたので、人間の毛もRemove.bgのほうが上なのでは?といろいろと試してみました

Photoshop

Remove.bg

 

だいたい同じ!!!

 

Photoshop

 

Remove.bg

ん?これは違いがあるかも
拡大してみましょう・・・

よくみるとPhotoshopの方が髪の毛をキレイに切り抜けていますね。
ということで人間切り抜きはPhotoshopの勝利です。

Remove.bgの後日談

Remove.bgって無料だと切り抜きの書き出しサイズが600pxです。
低画質だけど600pxまでならいいかなあなんて思ってたんですけど、600px以前にちょっと画像がボケてしまうみたい…

▼左がRemove.bg、ボケてるね

 

まとめ

Photoshopがこんなに進化するとは思っていませんでした
Removeの方が精度高く切り抜けると思ってたけど、意外な結果でした

今後、Photoshopの人工知能がバージョンアップしたら動物もきれいに切り抜けるようになりそうです。
そうそうこういうアップデート待ってたんですよ

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーデザイナー・ブロガーです。 /発想力系デザイナーなのでグラノーラ屋も始めました(4年目)/フリーランスで生き抜く方法を発信中。フリーランサー、ブロガー、「デザインを始めたい人」に向けてブログを書いています。/10万PV/2019年2月SBクリエイティブよりデザイン解説本出すよ

▼自己紹介記事はこちら
ベーコンってどんな人?

▼最初に読んでほしい厳選記事!
初めてベーコンブログと言えばこの記事【ジャンル別の人気記事】

>>広告・レビュー依頼はこちら

コメント

コメントする

目次(タップで飛べます)
閉じる