フリーランスの休息方法。僕が心がけていること2021版(PR)

デザイナーのベーコンです。

ここ数ヶ月、たまに体調を悪くしています。
10月くらいからは休み無しで働いたことによって2週間に一度、頭痛と低体温で寝込んでいます。

結局、しっかり休んだほうが効率がいいって感じになっているので、フリーランス歴15年の僕の気をつけていることを書いておきます。

目次(タップで飛べます)

1.早く寝る、たくさん寝る

当たり前ですが睡眠が少ないと体調が悪くなります。

特に30代後半に向けてぐらいから睡眠をしっかりとらないと、あからさまに次の日の体調が悪くなる事が増えました

具体的には7時間以上は寝たいところでたまにまとめて10時間位眠るとそれまでの疲れがかなり取れて調子が良い気がします

2.仕事に終わりの時間を作る

やればやるほどお金になるのが、フリーランスと言われますがそれは体が調子が良い時に限ります。

実際はしっかり終りの時間を作って休み時間を作らないと結局倒れて時間の無駄になってしまいます。

でも実際その加減が難しくてみんな体を壊す直前まで行って直すと言う人が多い気もしています。

結局フリーランスって1番難しいのは自分との向き合い方なんじゃないかと思います、どのぐらい働くかどのぐらい休むかこれを制すれば仕事を半分制したのではないでしょうか

あと、半分は、お客さんに向けての向き合い方ですね。
ついついお客さん優先になって働きすぎてしまいますよね。

3.お金に繋がらない趣味を作る

僕は割と何でもお金に繋げたくなってしまう方なのですがお金にならない趣味があるととてもいいと思っています。

例えばドラマを見る映画を見るなどこれにはお金をかけてもいいと思っています。

1ヵ月1000円程度でドラマ見放題などのサービスはたくさんあるので利用しない手はありません

もっと良いのは何かを作るや運動など、自分から動く趣味だと思います。

例えば料理をするだとか、プラモデルを作るだとか、スポーツをするとか…

僕はこの動くタイプの趣味をまだ持って1つは持っていないのですか できればそういうものがあると充実感があるんじゃないかと思っています。

ついついものづくりは仕事でしようとしてしまうので(間接的にも)自分の中でだけ楽しむ趣味があるといいなあと思います。

気晴らしは大事です。

疲れたときは体を休め、精神のために遊ぶ、両方大事です。
ついつい体を休ませればいい、遊べばOKなんて思っちゃうけど両方大事という話を見ます。
気晴らしにカジノという手もあります。カジノエックス

まとめ

当たり前のことを書きましたが、当たり前が難しいんです。
自分一人で就業時間を決めて守る、それが難しいんですよね

僕は25分働いて5分休むポモドーロテクニックなんてのも好きですが、これも一番難しいのが「乗ってきたときに休むこと」休むとより長く疲れず働けるんだけどそれを守るのが難しいですよね。

仕事は、始めるのと止めるのが両方難しいです。
そのためには、ルーティーンを作っていきたいですね。

就業時間、休む日、それをしっかり決めるって結局会社で働いているのと同じなんですけどね。
節目節目で自分のライフスタイルに合わせたスケジュールを組んで守る力がフリーランスには大事だと感じます。

15年やってても守れない日もありますし、だめなときはカフェに行くとか、落ち込んでいる気持ちを書き出すとか、そもそも収入が足りないからいつも焦っているとか色々ありますよね。めちゃくちゃわかります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次(タップで飛べます)
閉じる