【レビュー】デザイナーの僕がBenQ のモニターライトが大好きな訳メリット・デメリットも紹介します。 【ScreenBar Halo】

デザイナーのベーコン(@dogdog464646)です。

ベーコン
札幌在住のグラフィックデザイナー。
著書 レイアウト・デザインの教科書(SBクリエイティブ)
犬のYouTubeは登録者11万人超え、2024年も音楽制作をやっていきたい、あとデザインブログもね。
Adobe MAX2023出演、Canva公式クリエイターだよ!月30個くらい無料で使えるデザインテンプレ作ってるよ!

モニターの上に置くタイプの高品質ライトBenQ ScreenBar Halo モニターライトをレビューします。この商品の魅力を伝えるのは本当に難しいです。絶対こうなっちゃう…

持ってない人 →「こんなの必要ある!?」
使っている人 →「便利すぎて手放せない」

体験しないとわかりづらいモニターライトが必要の必要性について、僕の体験をできるだけ説明してみますね。

目次(タップで飛べます)

BenQ ScreenBar Halo モニターライトのいいところ

BenQ ScreenBar Haloはモニターの上に置くライトです。
モニターの写りにも干渉せず、傷もつけず取り付けられるようになっています。(取り付けるというか上に置くというか)

モニターの上に設置するライトっての一番のメリットは、デスクの上に置くものが1つ減るんですよね。
部屋の明かりがなかったり、ちょっと明るさが足りないなあと思っても、このライトがあれば自分の見ている範囲は明るくなります。

デスクにマイクをクランプしたりと、デスクの上の物を減らしたいタイプの人には、絶対オススメできますね。

他にもメリットを書いていくと…

・おしゃれに色を変えられる機能
・背面を照らす間接照明機能
・目に優しい

などなど…詳しく説明していきますね。

おしゃれに色を変えられる機能

最近のライトには多いですが、ScreenBarも赤っぽく、白っぽくとライトの光を調整できます。

仕事中は白、夜は赤っぽくするなどリラックスのモードのために調整するのもいいですし、そもそも自分の好きな色にしておくということができます。(緑とかにできるわけではなくて、色温度の調整です)

背面を照らす「間接照明」機能

この背面を照らす機能を初めて見た時はびっくりしました。
確かにディスプレイの後ろは壁のことが多いですよね、壁を照らすとモニターが浮き上がってくるようなおしゃれな演出ができます。よく考えたなあ。

ピカピカ光ってるような感じではなくて、ふんわりと上品に光るのがかなりお気に入りです。

この「間接照明」は上位モデルHaloだけの機能です。
他にもHaloだけの機能を書いておくと…

曲面モニター対応
無線リモコンが付属

です。背面ライトもいらない、曲面モニターでもない人はBenQ ScreenBar Halo モニターライトの方が安いのでオススメです。

使いやすい無線のリモコン、色調整、明るさ調整ができます。

光がきれいで目に優しい

またモニターに写り込まないような絶妙な光を出してくれるのもScreenBarシリーズの特徴です。

上の写真のように、光の方向を計算されて作られているのでいい意味で違和感なく使えるんですよね。
「なんか光が嫌な感じだなあとか」、「画面が映り込んで眩しいなあ」とかがなく普通に使えるってのがポイントなのかと思いました。

そして手元もちょうどよく明るくしてくれるんですよね。

この光だけで作業しやすいわけではないですが、天井からの光だけだと足りない部分にちょうど補足してくれるのがいいんですよね。

最後に

最初はこのライトはなんの意味があるんだ!?と思っていましたが、いつの間にか手放せない商品になりました。人間誰しも

「スタンドライトって手元明るくて嬉しいいい!!!!」

ってなったことがあるはずです。多分…。
スタンドライトの進化系、存在感とスペースを極限に削減するマシーン、BenQ ScreenBar Halo モニターライト大好きです!

デメリット

あ、最後に書いておくとデメリットは金額です!明るくするだけならホームセンターでスタンドライトを買うのが一番安いです。

大人になってわかったのはさ…

・必要最小限のものは安い。
・こだわると急に高い。
・しかし道具選びはプロの仕事には大事。
・道具が大事じゃない人、というか道具関係なしに結果を出す天才もいる
・結局自分にとって必要かどうかは体験しないとわからない

です!僕はBenQ ScreenBar Halo モニターライト好きです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップで飛べます)