デザイン

【日本語フリーフォント】本当は教えたくない!デザイナーが仕事で使ってる12選【商用可】

f:id:rororororo:20161026211618j:plain

(2017-07-23更新)

このデザインを作って久々に思いました。

「フリーフォントってやっぱ便利ー!」

プロのデザイナーとして、基本的には有料フォントを使うことが多いのですが、フリーフォントでも「このフォントじゃなきゃヤダ!」ってやつがたくさんあります。

デザイナーのぼくがおすすめのフォントの使い道を解説します。

厳選してお届けします!

※なるべく商用利用可能で、漢字も使えるものを中心としています。
※念のため利用規約については各サイトをご覧ください。

目次

     1.うずらフォント(手書きフォント系)

    ▼ぜんぶうずらフォントです。

    f:id:rororororo:20161026211605j:plain

    手書きフリー日本語フォントはたくさんありますが、最近はこれがお気に入りです。

    女子っぽくていいよ。

    ちょうど下手すぎず、上手すぎずがちょうどいいんですよね!

    このフォントの使いみち

    ・女子向けのヘタウマなイラストと一緒に

    ・手作りのお菓子の温かみを出す時に  

    ダウンロードはこちらから 

     

    2.Noto Sans Japanese/源ノ角ゴシック(ゴシック太さ多数)

    f:id:rororororo:20161026212243j:plain

    このGoogleとAdobeからこのフォントが発表された時、デザイナーは沸きました。

    しかし思いません?

    winならメイリオとかmacヒラギノとか最初から入っているフォントでいいよ!

    ぼくも、そう思います!

    あーでも、しかし1つだけこのフォントが便利な点があるんです。

    それは

    文字の太さの種類がある 

    これが大事なんです。デザインを作る時に便利!

    OSに最初に入ってるフォントは、太さの種類が2、3種類だと思います。

    ボールドボタンで太くするのもいいけど、もっと文字を太くするとタイトルや見出しも見やすくなるし。

    資料とかデザインとか作っていると、スペース上ここは目立たせたいけど、これ以上文字は大きくできないってことがあるじゃない?

    そんな時はこうします。

    ぼくが「デザインがなんかうまくいかないなー」って時にためしてみること

    その場合は、1番目立たせたいところを、極太フォントでかつ、文字を大きくします。

    その他は、小さめで普通の太さ。

    それよりもうちょっと目立たせたいところを、小さめの文字で太く。

    デザインづくりはまず極端に

    これは、ぼくが「デザインがなんかうまくいかないなー」って時にためしてみる方法なのでみなさんもぜひやってみてください。

    よくわかんなかった?

    参考画像も作りましたので、ご覧ください。

    ▼文字をそのまま打った場合(タイトル:Bold、本文Regular) 

    f:id:rororororo:20161026212300j:plain

    ▼太さを極端にした例(タイトル:BLACK、本文Regular)

    f:id:rororororo:20161026212302j:plain

    ※BLACKはボールドよりもっと太い種類です。

    本文は小さくなっても、このほうが読みやすいし、伝わりやすいと思います。

    このフォントの使いみち

    ・ワード、パワポの資料作りにも!

    ・太字で個性的なタイトルを作れます

    Noto Sans Japaneseのダウンロードはこちら

    3.源柔ゴシック

    f:id:rororororo:20161026205344p:plain

    これは、上で紹介したNoto Sans Japanese/源ノ角ゴシックを丸文字にしたもの。

    優しくて使いやすい!

    ▼さっきと同じデザインで作ってみました。

    f:id:rororororo:20161026215815j:plain

    このフォントの使いみち

    ・かしこまっていない所で、やさしさが必要な場所

    ・資料でも、吹き出しの中などにアクセントで使うと◎

    ダウンロードはこちらから

    4.GD-高速道路ゴシックJA 

    f:id:rororororo:20161026205438j:plain

    高速道路のフォントです。この独特さ。

    高速道路の看板は2010年からヒラギノ角ゴシック体W5に変わっていっているらしいですが、ぼくの中では生き続けています。(最近使ってないけど)

    ▼ちょっと下手っぴな所が個性です。

    f:id:rororororo:20161027204033j:plain

    このフォントの使いみち、使い方

    ・ラインがまっすぐなのでロゴ制作のもとにも使えます。

    GD-高速道路ゴシックJA – 窓の杜ライブラリのダウンロードはこちら

    5.はんなり明朝

    f:id:rororororo:20161026205534j:plain

    大人気のフリーフォントですね。有料フォントだと丸明オールドとか、A1明朝とかのようなオールド感あふれるフォントです。

    ひらがな、カタカナに特徴があるフォントです。

    このフォントの使いみち

    ・温かみを出したい時に。

    ・重いけど、親しみのある感じを表現したい時(つまり上品を表現したいときですね!)

    >はんなり明朝のダウンロードはこちら

    6.むつき

    f:id:rororororo:20161026212740j:plain

    はんなり明朝もオールド感があるフォントですが、もっとオールド感があるフォントです。

    オールドと言うか、昭和という言葉がぴったりでしょうか。

    このフォントの使いみち

    ・レトロ感、昭和感を演出したい時

    ・重いけど、親しみのある感じを表現したい時(つまり上品を表現したいときですね!)

    明朝體フォント むつきのダウンロードはこちら

    7.やさしさアンチック

    f:id:rororororo:20161027205955p:plain

    マンガ用のフォントです。

    マンガをかかなくとも、マンガという表現は人に説明する時に便利です!

    ▼こんな感じで吹き出しと合わせるといいですね。

    f:id:rororororo:20160302204405p:plain

    このフォントの使いみち

    ・マンガを書く時に!

    ・マンガっぽい表現で、人になにかを伝えたいときに

    やさしさアンチックのダウンロードはこちら

     

    8.こども丸ゴシック

    f:id:rororororo:20161026205616j:plain

    これもぼくは、仕事に使ってますねー!

    まさに保育園だとか子供関係の仕事の時に絶大な力を発揮しますね。

    ▼ぼくはこんな風に、カラフルにしたり、斜めにしたりして使うのが好きです。

    f:id:rororororo:20161027213339j:plain

    ▼白フチや、黒フチをつけてもいい感じ!f:id:rororororo:20161027213337j:plain

    このフォントの使いみち

    ・子供向け!

    ・大人に子供の気持ちを思い出してもらうようなデザインを作る時!(意外とありそう)

    こども丸ゴシックのダウンロードはこちら

    9.やまフォント

    f:id:rororororo:20161027213725j:plain

    続いてこちらも子供向け(かな?)。

    この世界観は便利、こういう味わい系のフリーフォントはたくさんありますが、ここまで太字なものは少ないです。

    こども丸ゴシックより、クセがすごいので取扱い注意ですが、カラフルにすると子供向けになります。(ただし漢字はほとんどありません)

    ▼カラフルに

    f:id:rororororo:20161027213843j:plain

    ▼黒で作るとドロドロな豚肉な感じがします。

    f:id:rororororo:20161027213845j:plain

    このフォントの使いみち

    ・個性のある手書き感を出したい時(しかも太字で)

    ・子供用のデザイン 

    >やまフォントのダウンロードはこちら

    10.殴り書きクレヨン 

    f:id:rororororo:20161027214302p:plain

    同じく子供向け。こどもまるゴシックと、やまフォントのパターン違いとして使えます。以下省略!

    このフォントの使いみち

    ・子供向け

    ・背景を黒板にすると黒板っぽくなる

    殴り書きクレヨンのダウンロードはこちら

    11.コーポレートロゴ

    f:id:rororororo:20161027214707p:plain

    ロゴを作るときのもととして使えます。

    特徴はカクカクした線です。

    そのままでもそこそこそれっぽい感じになります。地域の施設とか歯医者とかのロゴで今時っぽい感じがつくれますね

    このフォントの使いみち

    ・ロゴを作るときの加工用として

    ・線がまっすぐなフォントなので無機質な感じを演出したい時。 

    コーポレート・ロゴのダウンロードはこちら

    12.Macの人限定!筑紫B丸ゴシック

    f:id:rororororo:20161027215004j:plain

    2015年のMacから使えるようになりました。

    便利ですよー!これも流行りのオールド系でただの丸ゴシックじゃないんですね。

    見てください、ほら、優しくて色気がある。

    ぼくは太字(bold)で使うことが多いです。

    このフォントの使いみち

    ・レトロ感、昭和感で暖かく表現したい時

    ・レトロだけじゃなく現代も感じさせたい時。

    ※こちらのフォントはマックに自動的に入っています。

    まとめ なぜこのフォントを選んだのか

    選んだフォントを見てみると、「レトロ、オールド系のフォント」や、「手書き風フォント」を多く選んでいることに気づきました。

    理由を考えてみました。

    ぼくは仕事でデザインを作っているので好みもないとは言いませんが、たくさんの人に共感してもらえるフォントを選ぶことが多いんです。

    で、レトロ、オールド系をよく使う(今回選んだり)理由

    それは。最近発売されたオールドフォントって「昔っぽいけど今っぽくもある」んです。

    オールド系フォントって、年配の方には「懐かしいな!」と思ってもらえるし、今の人にも「レトロでかっこいいじゃん!」と思われる弁便利なフォントです。
    たくさんの人が「納得」しやすいフォント。これは仕事にとっても使いやすい!(特に上司の上司を納得させないといけない現場だと更に有効です)

    「じゃあ古いフォントなら、なんでもいいんだね!」
    と言うとちょっと違うと思ってて、実は今回紹介したフォントってオールドっぽいけど実は今っぽくカスタマイズされて作られているフォントなんですね。

    あとは、手書き風を多く選んだ理由は、こうです。
    ものが売れづらくなった今、お客さんと1対1で「買ってください、あなたのためにカスタマイズしました!」と言ってものを売ることが大事。
    つまり、「どれだけ心がこもっているかをうまく伝えるのが大事」な時代になったということでしょうか。

    じゃあ、昔はどうだったかというと、「憧れ」みたいなものが重要視されていたのかなと思います。

    今は、お客さんに気持ちを伝えるデザインが多く必要されているのだと思います。

    以上、デザイナーが仕事で使い倒してるフリー日本語フォント12選でした!

    ながなが書きましたが、フリーフォント思うがままに使いましょう。

    理論も大事ですが、デザインは感覚の方が大事なはずです。

    ここまで読んでいただいてありがとうございました!

    資料作りやデザインづくりで、みなさんのお役にたてると嬉しいです。

    ▼最後にフォントクイズ置いておきます。みんな大好きなこのフォントなんだ?

    f:id:rororororo:20161027220418j:plain

    ▼こども丸ゴシックなどで紹介したデザインみたいなのが、たくさん載ったデザイン集、最近買ったデザイン集の中でNo1のヒットです。

    ▼こどもの感覚に響くデザインがたくさん載っています。理論ではなく感覚に響くデザイン!

    f:id:rororororo:20161027221922j:plain

    f:id:rororororo:20161027221914j:plain

    最近フォントブームなのですかね

    ヤッター!おかげさまでフォントのお話をする勉強会に呼んでもらえました。

    フォント関連ではこの記事がよく読まれています。 

     

    Twitterやってます!おいでよ、ベーコンの森!

    続編の方が実例を多めに書きましたので、よろしくお願いします。


    (追記)SSL化により、SNS拡散の数字が0になりました

    f:id:rororororo:20180622180904p:plain

    2018-06-22 SSL化により、SNS拡散の数字が0になってしまいました。
    たくさんの拡散ありがとうございました。

    ABOUT ME
    アバター
    ベーコン
    フリーデザイナー・ブロガーです。 /発想力系デザイナーなのでグラノーラ屋も始めました(4年目)/フリーランスで生き抜く方法を発信中。フリーランサー、ブロガー、「デザインを始めたい人」に向けてブログを書いています。/10万PV/2019年2月SBクリエイティブよりデザイン解説本出すよ ▼自己紹介記事はこちら ベーコンってどんな人? ▼最初に読んでほしい厳選記事! 初めてベーコンブログと言えばこの記事【ジャンル別の人気記事】 >>広告・レビュー依頼はこちら
    人気記事

    ▼上質なもので生活が豊かになりました

    ▼強みを知ると少しだけ人生が楽になります

     

    ▼デザインがうまくなる本を厳選しました