ベーコンさんの世界ブログ

デザイナー&お菓子作ったり企画したりしています。北海道でふざけたブログ書いてます。

おすすめのメンズ用の薄い財布5ヶ月目【レビュー】【旅行財布】

スポンサーリンク

f:id:rororororo:20170605095151j:plain
(2017-12-03更新:今も現役!)

薄い財布を買って4ヶ月が経ちました!これはかなりいいです!商品としての性能が高い!

ぼくが買った薄い財布は、おなじみのabrAsus(アブラサス)から出ている旅行財布という商品。(いろいろ種類あるんですよ)


名前の通り薄い財布ですから、「ポケットの財布が目立つの嫌だ」という方にめっちゃおすすめです。

ぼくも、買う時まで知らなかったのですが、abrAsusっていろんな種類の財布があるんですよ。

abrAsusは薄い財布だけでなく、気の利いた財布を作っている

例えば

「左利きの人に使いやすい財布」

とか

「iPhoneが入る財布」

とか

「使う人のために命をかけて作っている」

って感じがしてぼくは好きです。(まるでアップルやバルミューダのような空気を感じます)


いろんな種類があると、それぞれの立場にあった商品を選べるのもいいですよね!

大学生でも、おじさまでも恥ずかしくなく使えます。(ぼくは32歳のお正月に買いました)

ほら大学生くらいになってジャケットとか着るじゃん。

そのときにポケットに分厚い財布なんて入れてたらだめですよね。
そういうのって意外と見られてるんだよね…(ぼくがそうでした…)


そんなことを気にし始めた時に買う財布だと思います。

abrAsusさんのいろいろある商品のなかでぼくが選んだのはこの財布

f:id:rororororo:20170605095100j:plain

「旅行財布」

abrAsus(アブラサス)の定番商品「薄い財布」と迷ったのですが、「旅行財布」にしました。

それはなぜかというと・・・!!

旅行財布は薄くて、長財布っぽい(かっこいい!!)

f:id:rororororo:20170604170158j:plain
ぼくは二つ折りじゃなくて、どうしても長財布がよかったんですよ。

しかも長財布と言っても、キメキメのかっこいい長財布じゃなくて、カジュアルな感じのやつ。

それがまさにabrAsus(アブラサス)の旅行財布だったわけです。

もちろん、他にも多機能な面白い財布です。

旅行財布とは?

薄い財布シリーズの中で、海外旅行用とかに便利っていう位置づけ。
でも普段用に使う人も結構多いみたいです。

「旅行財布」は、長財布のお札も小銭もカードも気にせず収納できるところと、二つ折り財布のコンパクトさという両方の利点を兼ね備えています。


長財布のようなカタチが、コンパクトな二つ折り革財布になるしくみは、一枚革でつくられた「旅行財布」の背側を、強度を保つギリギリの厚みを確保してT字に漉いてあることにあります。


また、左側に小銭が溜まるつくりになっており、T字に漉いた革が薄い部分には小銭が重ならないようになっています。


財布背側にはホックがついているので、バッグに入れてもコンパクトな二つ折り革財布のまま。


財布の中身が抜け落ちる心配はありません。旅先でも日常でも快適に使用出来ます。


(販売サイトより)

この文章だけでかなりそそりますね…
もっとポイントを書くと

旅行財布のポイント

薄い

f:id:rororororo:20170605204512j:plain
これは薄い財布シリーズどれでもそうですが、薄いです。
薄い財布よりは厚いですが、収納量は多いのが「旅行財布」です


素晴らしい企画者と、それに応える職人によって作られています。

めっちゃこだわって作られている

f:id:rororororo:20170605100457j:plain
「自分が本当に欲しいと思える」財布を作っています。
作っている人が、「こんなもん!」と思って作られているものはいやですよね。マジで。

f:id:rororororo:20170605100501j:plain
これもぼく結構好きです。
ものを作るときって、「すべて100点の商品」って難しすぎるんですよ。
どこかを犠牲にしてどこかを活かした商品を作ると公言することが信用できます。

f:id:rororororo:20170605100505j:plain
本気で財布を作っている人は、たくさんいるだろうけれど。
使いやすさと小ささに、ここまで注目した財布はなかったのでヒットしたんですね。(その分収納が少なくなったりしてるけどね)

f:id:rororororo:20170605100554j:plain
制作も大変だったと‥!

f:id:rororororo:20170605100557j:plain
職人も感心する企画力。

f:id:rororororo:20170605100601j:plain
そして、すばらしい職人がいるから、企画が「商品」になるんですね!


うーん、これは何回見てもぐっとくるわ〜
動画はこちら
youtu.be



さて、この財布のポイント続き!

デザインがいい

レビューを書いてて、買うときの気持ちを思い出してきました。

定番の「薄い財布」か迷ったんです

けれど、薄い財布の「2つ折り」と、「エンボス加工」が嫌だったんです。

旅行財布は、一枚革で柔らかそうな革で「職人が作っている」感じがしていいなーと思ったんです。

長財布で折ると、2つ折りの財布になるのも大きなポイントでした。

f:id:rororororo:20170605100441j:plain
2in1な感じでお得じゃないか!と思った笑

使いやすい

使いづらそうに見える薄い財布シリーズですが、ぜんぜん使いやすいです。
旅行財布は、薄い財布シリーズの中でも使いやすい方じゃないかな

f:id:rororororo:20170605102534p:plain
小銭が見やすいです

f:id:rororororo:20170605102530j:plain
カードは仕分けできる。(当たり前かと思うけれど薄い財布シリーズは仕分けできないものもあります)

f:id:rororororo:20170605102526j:plain
相手に財布の中身を見せないってのもいいですよね。
これは海外用に考えられたもの。

ぼく、一時期、東南アジアとかに何度か行ったときに聞いて、

うーーーーーーん

と、納得した話しなんですけど。

それは、

お金は見せないほうがいい。

f:id:rororororo:20170605102526j:plain
だって、ほら、ぼくらもその辺の数千円なんて、無防備に置いてあっても盗まないけれど
1000万円が無防備に置いてあったら、


「持っていっても気づかれないなら持って行っちゃおうか…」

なんて、一瞬頭によぎりますよね。

「大金がすぐそこにある」ってすごい迫力ですよ。


日本人にとっては、旅行のための数万円でも現地の人にはすごい価値があるお金だったりする・・・
なのでで、財布の中身は見せないほうがいいという話。

この財布を見たとき、それを思い出しました。
f:id:rororororo:20170605205814j:plain
インドの色かけのお祭り(2011年に行った)


戻ります、この財布のいいところ、最後はコレ!

薄い財布シリーズの中では、ほどほどの収納(薄い長サイフもあるのですが、ちょっと容量が少なすぎて・・・)

f:id:rororororo:20170605102534p:plain

・薄い財布はカード収納が5枚までですが、「旅行財布」は10枚まで入ります。
・小銭もたくさん入ります。

薄い財布は小銭を15枚収納(500円玉1枚+100円玉4枚+50円玉1枚+10円玉4枚+5円玉1枚+1円玉4枚の合計15枚、つまり999円)だけど、旅行財布はもっと入ります。

入りますけど、だんだん厚くなって来てしまうのでこのくらいの枚数に留めるよう気をつけています。


「旅行財布」の弱点

ぱちっと止めないと小銭が溢れる

f:id:rororororo:20170605214546j:plain
この財布は、持ち歩くときは2つ折り、使うときは長財布。なんです。
(公式サイトにも書いています)

長財布のまま持ち歩くと、隙間から小銭がこぼれます。(よくやっています…)

なので、パチンとボタンを止めないといけません・・・

といいつつ、ぼくは、ほとんどボタンを止めていません。

止めないので、たまに小銭が溢れる。

と言ってもいつも閉めていないので、言うほど、こぼれません(笑)


よっぽどこぼれるときは、小銭を入れすぎの合図だと思っています。

abrAsus(アブラサス)の財布を使うと、なにかが変わるって本当?

f:id:rororororo:20170605214535j:plain
よくネットのレビューでは、「この財布を使って世界が変わりました!」みたいなレビューを見るんですけど正直嘘くさいなー(笑)と思っていました。

でも、、、たしかに変わったかも。

世界が変わったなんては思っていないけど、ぼくの内面が、少しずつ変わった気がします。

abrAsus(アブラサス)の財布を買って変わったこと

f:id:rororororo:20170605215514j:plain
どういうところが変わったかというと、まずね、この財布を買うということは、財布に入れることのできるカードの枚数が限られるってことです。
つまり、財布に入れるカードの枚数を強制的に減らされるんです。

不便じゃん!

と言う考え方もありますけど、使わないポイントカードを入れて分厚くなった財布、そして膨らむポケットの生活をやめたかったんです。

今は、ぼくの財布の中には厳選されたカードしか入っていません。
ラウンドワンの会員カードや、駐車場のポイントカード、ヨドバシカメラのカードも入れていない。
だってめったに使わないし…

でも、今のところ困ったことはありません。

たまに使うカードがあるんだよ…

って思うでしょ、そういうカードはカード入れに入れて、常にバッグの中に入れているんです。

f:id:rororororo:20170605213307j:plain
このカード入れを使っています。

前までは財布に30枚くらいカードを入れていた

f:id:rororororo:20170605215425j:plain

ちなみにぼくは、今までずっと、ものすごいたくさんカードを入れていたんですよ。

ポイントカードが多かったと思いますし、たまに使う図書館のカードとか、東京に行ったときにしか使わないカード、たまにいくコストコのカード

数年に一度使うカードなのに、ほとんど財布に入っていたんです。(急に行くかも!なんて思ったりして置いていけない…)

おかげで、レジでカードを探す時間がけっこう合った気がします。
思えば最近ないですね!


そう、昔はこんなこともよくありました
コンビニの会計で、財布からポイントカードを探すぼく。

だけどなかなか見つけられない…
そんな時に店員さんが言うんです
「赤い色のカードですよー」


うん・・・

ありがたい・・・

けど


なんか…「整理できないやつ」と思われてるのを、コンビニで感じたくないっすよね…

まとめ うすい財布シリーズのすごいところは、人を変えることなのかもしれない

f:id:rororororo:20170605214849j:plain

うすい財布を買うと決めた時点で、カードの枚数を減らそうとするし(入らないからね)
使い始めると、小銭を消費するようにするし、人の決意を手伝うのが薄い財布シリーズのいいところなんだなーと思います。


他にも、財布が厚くならないように考えつくされた設計や、熟練職人がひとつひとつ心を込めて作っていること、ニッポンの天然牛革を贅沢に使用(そうとうやわらかいです)とか「良い物」って感じなところもうれしくて大事に、丁寧に使おうという気持ちになりました。

そうそう、良いものを買うついでに、この財布は2017年のお正月から使い始めるというなんだか縁起のいいルールにしました(年末に購入しといてね)

そういうのも、ものを大事にする感じがしていいよね。

次買うときも薄い財布のどれかを買おうと思っています。

アップルとか、バルミューダとかYAMAHA Refaceシリーズとか、ユーザーのために痒いところに届く、絶妙なチューニングされたアイテムっていうのが最近好きで、この財布もまさにそれだなあと思っています。

旅行財布はどこで買うとおトクなのか。

すばり、楽天のスーパークラシックです。(ここはabrAsusの公式?)

ここの財布は、楽天でもAmazonでも同じ値段なんですよね。
でも、楽天だとポイントが付く分だけお得!

「ポイントはいらない!」というアマゾン派の方はAmazonからどうぞ、なかなかレビューも高評価です。(2017年6月5日時点で平均 星4.5)

おどろきの名作だらけなabrAsusの他の商品はこちら

財布以外にも、お腹が寒くない寝るとき用の「つなぎ」とか面白い商品があります。

「旅行財布」より傷が付きづらい、定番の「薄い財布」

薄い財布といえばこれ!
色も豊富でカード5枚、コイン10枚、お札10枚を入れて、その厚さ、わずか約13mm。
ポケットに入れてもシルエットが崩れず、快適!

左利きの人のための財布

左利きの人のために作られた財布です。
ぼくは右利きですがレビューには、とても使いやすいと書いています。

薄い財布より、小さい財布!

ダンボーverじゃない、普通の小さい財布もあります。