読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログって何書くんだっけ?ベーコンブログ論

ブログ運営
スポンサーリンク

f:id:rororororo:20160901233703p:plain

2015年はブログを本格的に始めることができてうれしかった。

あれから1年近く。

 

1度書かなくなると、なかなか書けなくなるのがブログだ。

でも、まだ書きたい。諦めてはいないのだけど…ついついね…。

 ところでブログってなにを書くんだっけ?

今日は、リハビリも兼ねて、ブログになにを書くべきか考えていこうと思う。

そもそも、このベーコンブログとは

 

・音楽のことを書いたり、曲作ってアップしたり

・デザイナーが一般の人に向けた、デザインの方法などを書いていったり

・ブログ運営のことを書いて交流したり

・自由にふざけたことをやる

 

うんうん、そんなブログだ。

しかし、芯がないよね。

本当は、「うどんについて研究するブログ」とか「カレー1000日食べるぜブログ!」みたいな(ニッチでも)コンセプトが尖ったもののほうが良いに決まっている。

ブログは書きながら、決めていくもの?

芯がない、コンセプトがないとは言ったけど、本当はそれでいいと思っている。

なぜなら、物事ってたいてい計画し過ぎるとうまくいかないからだ。

「走りながら考える」とよく言うがブログで言うなら

「書きながら考える」

 

これだと思う。

でも、書きながら考える…その、「考える」のはどうやるかというと

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」という本にこう書いてあった

「考えるために書け」

 

まとめ

そう、つまり、考えるために、書くし、書くためには考える。

仮にでも、てきとうでもなんでもいいから、書きながら少しずつ修正していく。

そうやって完成度を高めていくのがいいと信じて、新しいことを始める日=新月にブログをまた始めました