読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道のミニマリストオフ会に行きます。[ミニマム文化祭in南小樽]

北海道 ブログ運営
スポンサーリンク

ミニマリストオフ会に行きます。ミニマリストじゃないけれど…

f:id:rororororo:20160213215829j:plain

 どんなイベントか

トークイベントもあるオフ会です。主催は大阪在住のMIDさん。

www.mid-diet.com

大阪から来られる青野すみれさんの話も楽しみです、

ミニマリストじゃないのに、なぜ行くの?

話を聞いてみたいのです。

ぼくはミニマリストではないです。どちらかというとモノが多い方。

そしてモノが多すぎて、1つのものに、愛着を持つことが苦手です。高いギターもいっぱい持ってるけど、目移りが多くてどれが本当に"好き"なのかがわからない。

最近少しものを処分した

最近、ぼくたちに、もうモノは必要ない。を読んで少しだけモノを処分することに挑戦したみた。引っ越したタイミング、というのもあったけど。やってみると、なんだか気持ちよかった(笑)

そして、モノを少なくすると、本当に大事なもの、好きなものが見えてくる感覚がわかった気がした。

かと言って新しいモノを買う、気持ちは止まらない

ぼくはチャレンジすることをモットーとしている。なんせ個人事業主だ。変わっていかないといけない。ずっと戦い。

常に刺激は必要だ。新しい物を買って、モノ作りや経験に活かしたい。

挑戦も大事。挑戦するかしないか、迷ったら挑戦したい。挑戦しないと経験にならない。挑戦しない理由があるとしたら、ほかにやりたいことがあると明確に理由があるときだけだ。

これは本当に必要なのか

でも、最近ちょっとだけ、モノを買うとき「これは本当に必要なのか」を考えるようになった。いいのか悪いのかはまだわからない。

無駄遣いは少なくなった、かもしれないけれど「必要なのか」を考えるストッパーがあるとチャレンジの速度が遅くなっているかもしれない。

ただひとつ、これはやってみてよかったと確実に言えるのは、新しいモノを買っても、使わないなら処分するという気持ちでものを買う。ということだ。

刺激を手に入れるためにも、モノを手放す

いらないギターがあっても場所の邪魔。使わないものを持っているのも、気持ちもよくない。新しい刺激を手に入れるためにも、古いものを手放さないといけない。

手放すと、必要なもの、欲しいものが手に入る。

神様てきな話じゃなくて。モノが手放して、その場所があいたら自分も、まわりもその場所を埋めるためにいっぱい考えたり、行動したりする。

行動したら欲しいものも、手に入る。(いらないものをあいた場所に無理に入れる必要はないけれど)

長くなってしまったけど、オフ会に行く理由はミニマリストの考えを聞いてみたいからって感じです。よろしくお願いいたします。

ミニマム文化祭in南小樽

【日時】2016年4月10日(日)11:30~15:00 

【場所】北海道小樽市若松1-7-7 (旧)岡川薬局 

 

上の写真が、開催場所。カッコいい!