読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「安心してください、はいてますよ」をiPhone風に合成した

お笑い デザイン フォント
スポンサーリンク

(一番下にiPhoneっぽい合成の安村が出現します!)

今日は、フォントでどれだけ印象が変わるかの実験をしたいと思います。

 

まず、こちらのとにかく明るい安村をごらんください

 

安村のDVDのフォントをみてください

 

見て欲しいのは、彼の体でも、いまとは違う髪型でもなく「安心して下さい、はいてますよ」の文字です。

 

太めのゴシック体ですね。

作ってみます。

f:id:rororororo:20160115214638p:plain

比べてみると、昨日の記事で紹介した「新ゴ」というフォントですね。

 

昨日の記事

bacon.hatenablog.com

 

 

 もう一つDVDをみてましょう。

 

こちらも太めのゴシック体です。

 

こちらのDVDの方が、あとに出たものなので色んな改良がされていますね。

「はいてください」の漢字もひらがなになり、ポーズも「全裸に見えるポーズになりました」

 

安村はとにかく、明るいのですから、元気なフォントが似合います。

決して明朝体ではないのでしょう。

 

ダメな例として作ってみます。

 

f:id:rororororo:20160115215440p:plain

あれ?

元気はなくなったけれど、すごく安心感がある感じになってしまいました。

 

このフォントは昨日紹介したA1明朝というフォントです。オールドタイプの渋いフォントです。

 

このフォントで作ると、「とにかく安心できる安村」になってしまい面白みが減ってしまいますね。保険とかのCMみたいな説得力。

 

これをちょっと改良して、背景もつけると…

 

どーん!!

 

f:id:rororororo:20160115220351j:plain

 

とにかく暖かいCMなのは間違いないですね。アコースティックな感じのいい曲が流れていそうです。

 

フォントで印象は変えられる!

フォントによってこんなに「印象が変わる」のが、わかっていただけましたでしょうか。

フォントが変わればなんでもできるじゃん!と思いました?

 

フォントによって、こんなに逆の印象をつけることができるなら、なんでもできすぎてフォントをどんな選べばいいかわからないよ!って思いません?

 

じゃあ、デザイナーはどうやってフォントを選ぶのかというのを、あと数行くらいで簡単に説明しますね。

 

 

まず、デザインというのは、かっこいいものをつくることではないんです。かっこいいものを作る必要があるときはいいのですが、デザインというのは「なにか目的を達成するため」におこなうものなんです。

 

先ほどの、「安心してください、はいてますよ」の文字をゴシック体と、明朝体で作った例を思い出してください。実はあれがデザインの基礎講座でした。

 

安村さんを明るく見せる(これが目的です)ためにフォントはしぶい明朝体ではなくて、ゴシック体を選ぶ。これがデザインの基本の部分です。

※安村を、「明るく」ではなくて、「安心」して見せたいときは明朝体がよいですね。

 

あとは、ゴシック体の文字の色を赤にしたら、親しみがもてるかなぁーとか。

肌の色が白いから、ちょっと肌色を明るくしよう!とか

傷が見えないように、Photoshopで消そう!とか(想像です)

 

そうやって、「明るい安村」を作るという目的のために、手段を考えて実行するそれがデザインです。

ほら、これはデザインだけど、安村は「かっこいい」じゃなくて「おもしろい」とか「とにかく明るそう」なイメージですよね。

 

最後に安村をApple風にします。

じゃあ、あの個性のある安村をApple風の広告にしたらどうなるのでしょう?

安村の個性が勝つのか、Appleのブランド力が勝つのか

ごらんください

 

f:id:rororororo:20160115222717p:plain

 

どっちも個性が強いわ!