日本でIR(統合型リゾート)は失敗か(PR)

この記事はPRとなっております。

IR(Integrated Resort:統合型リゾート)とは、カジノやホテルを含む複合的な施設のこと。近年、日本でもラスベガスやマカオのような集客施設を作り、国際観光推進に役立たせたいとの動きが出てきています。
ところで、同じゲーム内容がプレイできるのであれば、あなたは「地上型カジノ」(ランド・カジノ)とGaming Club オンラインカジノのような「オンラインカジノ」のどちらを選びますか?

目次(タップで飛べます)

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とオンライン化

IRの考えは素晴らしいものかもしれません。しかし、2020年に入ってからパンデミックの影響で、世界のカジノが次々と営業を停止し、外国人観光客の入国が規制されたことにより、IRカジノは大幅な収益減に悩まされているのが現状です。対面の
ギャンブルが敬遠される中、オンラインカジノを利用する人が増えています。

幻想化したビジョン

IRカジノでは、カジノ企業は3割前後を自己資金で賄い、残りをファンド等の投資に依存しています。ところが現在、巨額の自己資金を用意する余裕は失われ、投資ファンドからの投資資金調達も困難になっているため、誘致を目指してきた横浜や大阪などの各自治体も作業に遅れが出ています。

このように、日本が「成長戦略」の要と期待するIRを巡る環境は、厳しさを増しているようです。

目次(タップで飛べます)
閉じる