ベーコンさんの世界ブログ

デザイナー&お菓子作ったり企画したりしています。北海道でふざけたブログ書いてます。

札幌の治験バイトの正直な感想&裏話。大学生に向けて【恵庭・江別】

スポンサーリンク

f:id:rororororo:20170719203253p:plain
数年前まで札幌、恵庭、江別の治験に行ってました。
具体的には、美しが丘病院、手稲、恵庭、その他…

かれこれ数十回は行っています。
ここでは覚えてる印象的なレポートや、公式サイトに書けないような、治験の裏話を書いていこうと思います。
参加しようとしている人はぜひご参考にどうぞ。

(よく聞かれるのですが、どの話がどの病院かはお答えすることができません…ごめんなさい…)

治験とは

治験とは、薬を飲んでどんな作用があるか確かめる試験。
大体が売ってる薬の特許が切れたやつなので、ものすごいヤバイ薬ではない。
バイトではなく、協力費としてお金が出ます。

寝ている間も時給換算されているので、そりゃあお金はたくさん貰える。

ぼくが体験した、札幌の治験バイトの正直な感想まとめ。大学生に向けて

ここから治験の裏話を書いていこうと思います。
面白かった、変だった、腹立ったエピソードを思い出しながら、書いていきますね。

豪勢な寿司弁当

とある治験では、晩御飯がにぎり寿司弁当でした。手巻きも2個つく。
病院によってはカロリー計算されている弁当がでて辛いです。
が、場所によっては寿司の弁当がでるんですよね。

昼も唐揚げ弁当大盛りだし、カロリー計算されていない病院は最高だったなー

ぼくが行っていた治験は主に2箇所。3ヶ月に一度しか行けないが…

治験は3,4ヶ月に1度しか行けないルールなんですが、治験の病院同士のやりとりはないので、何箇所も同時に行くことも可能という噂でした。

今月は、ここの治験、来月はここの治験どころか、1期はこの病院、2期はこっちの病院…みたいなことも可能ではあります。

いずれにせよ、健康でないと治験の試験は通過できませんね。

具合が悪くなったことは

一度だけあります。
気持ちが悪くなって1日じゅう寝ていました。
ぼくの他にも1〜2人具合が悪くしていた気がする。

治験ってたくさん薬を飲むわけじゃないんです。
大体、普通の風邪薬みたいに粉の薬を1回分飲んで1日に数回採血をして経過を見ていくんです。
なので、安心ですよーてきな感じではあるんですが、具合が悪くなることもあるんです・・・

いくらち少量でも薬なんだということを、実感しました。
あ、お金は増えませんでした。

お金のトラブルはないけど、協力費増額事件、紹介料増額キャンペーンはある。

トラブルはありません、どこも予算があるんでしょうね。
寿司がでるところもあるし、「友達を紹介したらいくら」っていう紹介制度もあります。

紹介制度どころか、キャンペーンなんてのもやっていたような気がします。
「今だけ!数人紹介したら紹介料を倍額に!」
みたいな。

予算がある雰囲気を出しているわけではないけど、明らかに予算があるようでした。

こんなこともありました。
ぼくが入院中、まったく同じ日数で同じ金額の治験がもう一つ募集中していたんですね。
その時期、大学生が忙しい時期だったか、(治験は大学生が多い)長期の日数だからか人が確保できないみたいで、困った末、協力費を数万円上乗せにしたんです。

ぼくは、まったく同じ内容の治験に参加中。
だけど、次に入った人は数万円アップ…!(確か15万円が25万円くらいに大幅アップしていた気がする)

もちろん、ぼくと同じ治験に入っている人からは大ブーイング!
しかし、ごめんよと謝られ諦めるしかありませんでした。

途中で帰らされた日があります。

たまにいるんです、タバコをトイレで吸っているのがバレて帰らされたりする人。
ぼくはそんなことはしていませんが、帰らされたことがあります。

治験は2期制のものが多いんですね。
例えば
第1期 7月11日〜14日
第2期 7月23日〜26日

1回めと2回目は薬だけ変えて、まったく同じ食事内容、同じスケジュールになります。
そう、この2回めと1回目の期間にやってしまったんです…

正直、この2回目まで行くと予備の人もいないですし(1回目の前には予備の人がいます)油断していたんです。
前日の飲酒…
控えめにはしたのですが、おつきあいの飲み会があり「まあ大丈夫だろう」と思ったらガッツリ引っかかりました。
当然帰らされて協力費は半額になってしまいました。

しかし、また閉じ込められるつもりで来たところ、開放されたのはうれしかったですね。空気めっちゃうまかったですww

就寝時間が伸びた日

就寝時間はだいたい11時なんです。
治験は規則正しく健康な人しか受けられませんからね。

しかし1度だけ就寝時間が伸びた日があるんです。
それはワールドカップの日。

ワールドカップやWBCの日になると、昭和のようになります。
テレビがない時代ね、ひとつのテレビにみんながあつまって盛り上がったりする(一部は友達同士で治験に来たりもしてるしね)

ある日、ワールドカップの日、試合が就寝時間に終わらなくて、治験の方からまさかの就寝時間延長のお知らせ。
あれは盛り上がりましたね。

やばいやつはいるのか

いつもいるおじさん(ということは、ぼくもいつもいるんだけど)とかは居ましたけど、ものすごい変な人には会いませんでしたね。
怖い顔の人とかはいた気がするけど。

朝がめっちゃ早くから騒いでいる人はいたきがします。
そんなぼくも、一度だけ部屋の人達と仲良くなって就寝時間になっても話をしていて怒られてことはあります…

治験に来ている人同士仲良くなる?

友達同士で申し込んでも、健康な人しか受かりませんから、一人になっちゃうパターンも多いんです。
で、ぼくも大体の場合は誰とも話さないまま入院、退院するのですが、たまにすごいコミュニケーション能力の人が話しかけてくることがあるんですね。

で、盛り上がってトランプやったり話し込んだりするなんてこともありましたね。
思えばめっちゃ楽しかった。

昔の治験は外出OKだった?

治験の管理のおじさんに面白い話を聞いたことがありました。

昔の治験は、タバコも吸えたとか、採血の時間以外は外出してもよかった(パチンコに行っていたらしい)などなど
うーん、ヤクザの人が治験を受けていたという話も聞いたので、むかしは柄の悪い人が多かったのかなーと思います。

まとめ

大学生におすすめ?できるのか今となってはわかりません。
もしかしたら健康を害しているのかもしれません。

とは言ってもなんの仕事も命を少しずつ削っていますからね。
治験中は3食昼寝、健康診断付き、食事も健康的ですから、仕事が捗りましたねー(採血の日以外ね)

というわけで、治験のアフィリエイトがご紹介ください。
よろしくお願いいたします。