読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリラジのPERFECT HUMANの何が面白いか?考えた

お笑い
スポンサーリンク

先日、ワイドナショーでオリエンタルラジオの新曲(新ネタ)PERFECT HUMANについて取り上げていた。ワイドナショー内では「オリラジって、ふしぎな芸風だな−」って感じだったけど、実は彼らは泥臭い努力もしている。

ぼくも、オリラジと同じ世代として、彼らの想いを予想で書いてみます。 (彼らはヒーローだけどな)

まずPERFECT HUMANの何が面白いんだろう?

 

PERFECT HUMANの面白さの1つは「芸人なのに本気で歌うんかい!」とつっこみたくなるところ。ゴッドタンの人気企画「マジ歌選手権」と同じような感じだと思う。

 

あと、もう1つの面白さは、「世間が思う期待に答えながらクオリティの高いものを作る」ことをしっかりできていると思う。

この、「世間が思う期待に答える」というのは、ぼくたちがブログを書いたり、デザインを作ったりするときにも参考にしたいことだ。

 

PERFECT HUMANは藤森慎吾のラップで始まる。そのチャラさはちょっと笑えるけど「藤森って普段からラップやってそうだしな」と、なんか納得できるし、サングラスをかけて気持ち悪い動きをする中田あっちゃんも、ぼくたちが思うオリラジのイメージにぴったり合っている。

 

そしてなにより、クオリティの高い、いい曲。(元ネタがあるにしてもね)

すべてのいいところが、うまく組み合わさっていると思った。

世間のイメージ通りだと、伝わりやすさが何倍にもなる

オリラジのイメージ言えば、武勇伝。そしてチャラ男。エヴァ芸人、プレゼン芸人などだ。

今回のPERFECT HUMANではそのキャラクターをしっかりと、なぞっている。それどころか武勇伝をもっと今風に、鋭く尖らせたものがPERFECT HUMANなんだと思う。

この同じ曲を、誰か違う人が歌ったらこんなにヒットしないだろう。世間のイメージに答えることってとても大事だと思う。

あと、オリラジに対して、ぼくがここまで熱く書くには理由がある

オリラジの苦悩が面白い

デビュー後すぐ売れたオリラジ、自身でも語っているようにレギュラー番組はすぐ終わってしまう。だけど実は、そのころから、漫才に力を入れ始め"漫才ツアー"や"漫才DVD"を出すなど、漫才に力を入れた活動をしていたのだ。

 

あ、ちなみに、ぼくはオリラジのことを、ものすごい好きでたまらないわけではない。

だけど、YouTubeでたまたま見たオリラジの動画をみて気になるようになった。

だって武勇伝売れた彼らが「これからは漫才をやっていく」とものすごい真剣な顔をして言っていたんだもの。

 

元エリートが、這い上がろうと努力して結果を出す

それが叶う瞬間を見るのは、ヒーローショーを見ているようにすがすがしく感じる。

それどころか、ぼくは、藤森慎吾がチャラ男ヒットしている時に、「何が自分にあっているのか模索しながら活動している」のを感じて、ちょっと泣ける気持ちになっていた。

 

「漫才で立派なお笑い芸人になりたい」

でも自分の適性はここではないと気づいてしまった。でもプロだからどんな形でも結果を出す。そういう決意が見えた気がして、チャラ男を見て少し泣けた。

 PERFECT HUMANの何が面白いかまとめ

というわけで、PERFECT HUMANの何が面白いか、最後に簡単にまとめておくとこれ。

・武勇伝を昇華した、オリラジのキャラクターに合った曲

・曲が良い

・オリラジの努力が実った感じが、見ていて気持ち良い

その彼らの本気の漫才ツアーはこちら。我ですよ。

我ってすごいな!

自分たちの漫才へのストックさを表そうとしているタイトルだね