読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー専門店がこっそり教えてくれた「豆食べ広告」を公開

デザイン 印刷
スポンサーリンク

f:id:rororororo:20160126214036p:plain

いつか自分のカフェをオープンしたいと思っているみなさんに、珈琲屋さんから聞いた、珈琲屋さんならではの面白い宣伝方法をお教えます。

ぼくは、デザイナーです。

チラシやショップカードを作るときには、まずお客さんからヒアリングから始まります。そのときに聞いたいいアイデアを紹介します。

もし、この方法の応用編などがあれば教えてください!

コーヒー屋さんに教えてもらった「豆食べ宣伝方」

それはずばり

 

コーヒー豆をチラシ(ショップカード)に貼り付ける

です。

匂いってすばらしい広告ですよね。

焼き肉やさんの前を通ると、焼き肉を食べたくなる。

お腹が空いているときなら、イチコロです。

インターネットでもチラシでも匂いはない

そして、インターネットに匂いはつきません。未来のインターネットは「匂いも嗅ぐことができる!」なんて言われてましたが未だ実用化にはなっていませんよね。

つまり、広告として素晴らしい個性を出すことができるんですね。

味の個性もある

上で広告の個性がある。と書きましたが、味の個性も出せます。
その珈琲店ならではの豆を選ぶセンス、焙煎するセンスをお客様に届けることができる。自分の価値を充分に発揮できるのも、広告として作りがいがあります。

ちなみに、コーヒー屋はコーヒー豆を食べる。結構食べる。

f:id:rororororo:20160126214205j:plain

コーヒー屋さんは豆を食べるそうです
コーヒー豆を焙煎するときに、コーヒーの味を確かめるために食べるんですって。
どのくらい、味がわかるかはぼくにはわかりませんが、とにかく食べるんですって。

この豆食べれます、と 書いてもいいかも

透明のフィルムに焙煎したコーヒー豆を一粒入れて、「この豆食べることが出来ます」と書いても面白いと思います。食べるとコーヒーのいい香りがしますよ。

 

まとめ

・コーヒー豆をフィルムに入れて、一粒ショップカードや名刺にはる

・チラシに貼って配ってもいいかも

・食べたらいい香りがすると書く

・珈琲屋さんの個性がでる広告なので、珈琲屋さんもよろこぶ

・お客さんもいい香りで喜ぶ

 

ちなみに、コーヒー豆の賞味期限は1ヶ月と聞きました。その後は食べると胃にもたれるとか…その辺はお気をつけて!

食べるならこういう、受注後焙煎がいいと思います。